こだわり

 

オーダーメイドの在来軸組工法

人にもやさしく、家にもやさしい家づくり

鉄骨住宅や鉄筋コンクリート住宅の設計施工はもちろんですが、お客さまのこだわりに応じた多様な工法経験を持つ竹並建設の木造住宅は、高温多湿な日本特有の気候風土に最も適した在来軸組工法でつくられます。材料として使われる木材は伐採され住まいの一部になってからも、呼吸をしながら室内の調湿をしてくれるので、人にも家にもやさしく、いつまでも快適な住環境に保ち続けてくれます。

 ページ上部へ戻る

太陽光発電システム

太陽光発電システムで、地球のためにできること

限られた資源である石油や石炭を使わずに、地球の温暖化の原因となっているCO2の排出を削減し環境保護に貢献します。さらに、オール電化と組み合わせることにより、月々の電気代が約1/2~1/3にまで軽減できる優れものです。

太陽光発電システム
太陽の光から電気をつくる
太陽電池モジュール
このパネルで太陽の光を受けて、電気をつくります。
家庭で使える電力に変換する
パワーコンディショナ
太陽電池モジュールで発電された電力(直流)を家庭で使える電力(交流)に変換。さらにシステム全体の運転を自動管理します。
電力を各電気機器に送る
屋内分電盤
発電した電力を各部屋で使えるように送ります。
売る電力と買う電力を量る
電力量計
発電して余り売却した電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ表示します。
太陽光発電システム

 ページ上部へ戻る

界床工法

上階で発生する床衝撃音や、生活騒音を低減

2階の床下地に35mmALCパネルを敷き込むことにより、子どもの足音や、オーディオなどから発生する音を遮音するので、二世帯住宅や寝室、子ども部屋の遮音に最適です。

 ページ上部へ戻る

構造材料検査

見えないところも多くの目で厳しくチェック

家づくりの生命線でもある土台・柱・梁などの構造を工場で加工する前に、歪み・そり・ひび割れ・欠けがないかを工事担当者及び設計担当者が確認、取替材のタグを貼り、検査に合格した良質の材料のみを加工段階に進めます。竹並の家づくりへのこだわりと木を知り尽くした確かな目があるからこその検査工程です。

 ページ上部へ戻る

すべてはお客さまのために

5つの基幹業務が提携し、お客さま志向の商品・サービスを提供

営業

埼玉県全域を主要エリアとし、創業以来80年の実績と伝統によって培われてきたお客さまからの信頼を元に、それぞれのお客さまのご要望に沿った営業活動をしております。
地元企業ならではのきめ細やかさ、対応の早さを旨とし、大型施設から個人住宅に至るまで、さまざまなお客さまのご期待にお応えいたします。
法人様であればそのプロジェクトチームの一員として、また個人様であれば家族の一員としてお客さまと共に歩んでおります。

設計

お客さまからのご要望を最優先に考え、建物の用途に応じたプランニングをベースに綿密なお打ち合わせをもってお客さまの夢や想いを図面に重ねてまいります。
80年に渡り大型施設から個人住宅に至る多様な設計施工の実績と経験によって積み重ねてきたノウハウを社内の共有財産とし、お客さまにご提案いたします。また、建築中であっても可能な限り設計変更には柔軟にお応えし、工事部と一体となってお客さまにご満足いただける設計に努めております。

工事

着工前に工程・品質・安全管理について営業部・設計部と入念に打ち合わせを行いお客さまの想いを実現させていただける喜びを感じ取りながら、その建物の性質・特徴を理解した上で施工に反映していきます。また、施工中はお客さまとの打ち合わせを密に行い、お客さまからの信頼をいただけるよう確実な施工をいたします。お引き渡しでのお客さまの笑顔を拝見させていただくことが、何よりの喜びであり誇りです。

資材

本社併設の材木置場には、大切なお客さまの建物に使用する多種多様の材木が大事に保管されております。ここで保管される材料の全てが、長年の経験と勘によって裏付けされた材木商の厳しい目で厳選された良質の材木です。
木造住宅の生命線は、材木の質の良さであり、コンピューターシステムが進化し続ける現代にあっても、材木の良し悪しを見分けるのは、やはり習熟した匠の確かな目。創業時は大工業から始まった竹並建設の伝統技術が今も活かされています。

保守・サービス

地域に根ざした企業としてのメリットを最大限に活かし、大切な建物をより長く快適にご利用いただくために、きめの細かいアフターメンテナンスを行っております。また、急を要する保守にも電話を頂戴してからすぐにお伺いできますのも、地元企業ならではのサービスであり、多くのお客さまに末永くお付き合いいただいている証でございます。
今後もお客さまがくださる信頼にお応えし、地元の皆様から必要とされるサービスを行ってまいります。